遊戯王・ゲーム・漫画・雑談などを中心するブログ。P機械王は俺のP機械王
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パーフェクト機械王
「どうも、こんな時間にファミマのエクレアを食ったマシエリです
こんな時間に食うとかただの馬鹿だね♪明日にしろよ!!っとか思いましたが、今日食いたかったんです!!」

「まぁ、その話は置いといて・・・(┌・ω・)┌
最近なんか、この喋り方が気に入っててwwハッキリ言って、うっとおしいと思ったらコメントにでも書いてくださいwすぐに直します!!」


ジャック
「おい、管理人!!俺と同じような色で喋るな!!紛らわしいではないか!!」

パーフェクト機械王
「わかってるよそんなこと、だから今回はちょっと濃いめのオレンジで喋ってるんでしょうが!?
ってか、大体なんでアトラスがオレンジ色で喋ってんだよ!普通は黄色かなんかその辺の色にするだろ」


ジャック
「その設定をしたのはオマエではないか!!
というかこんな時間にパソコンなんてやってないで、火曜日と水曜日にあるテストの勉強でもしてろ!!」


パーフェクト機械王
「なんだとコノヤロー!!ワイが居なかったら
アンタ達は喋ることすら出来ねーんだぞ!!管理人の力をなめるな!!」


ジャック
「消せるものなら消してみろ!!俺が居なかったらこのブログに何が残る!?下ネタ以外に残らないではないか!!」



遊星
「・・・・・・・・・・・
今回は俺たちのデッキ紹介だ、まずはジャックのデッキから見ていくとするか」

「おーいジャック!」


ジャック
「分かったすぐに行く!!
消え去れ!!この機械ワイン野郎!!!!無想○生!!!!


びゅるー

パーフェクト機械王
「あべし!!」

ドゴォォォォン!!

粉々に砕け散るマシエリであった・・・
【エンターティナー・キング】
[モンスター] 23枚
ダーク・リゾネーター×2
フレア・リゾネーター×1
クリエイト・リゾネーター×2
ソード・マスター大和×1
アタック・ゲイナー×1
グローアップ・バルブ×1
救世竜 セイヴァー・ドラゴン×1
バイス・ドラゴン×1
ビッグ・ピース・ゴーレム×2
パワー・インベーダー×2
サイバー・ドラゴン×2
ツイン・ブレイカー×2
ランサー・デーモン×1
バトルフェーダー×2
ダーク・バグ×1
金華猫×1
[魔法] 7枚
巨大化×1
二重召喚×2
精神操作×1
死者蘇生×1
おらかな埋葬×1
光の護封剣×1
[罠] 11枚
プライドの咆哮×2
リバイバル・ギフト×1
破壊神の系譜×1
ハーフorストップ×1
チェンジ・デステニー×1
スクリーン・オブ。レッド×1
デーモンの雄叫び×2
闇の呪縛×1
聖なるバリア‐ミラーフォース×1
[エクストラデッキ] 9枚
レッド・デーモンズ・ドラゴン×3
セイヴァー・デモン・ドラゴン×2
スカーレッド・ノヴァ・ドラゴン×2
デーモン・カオス・キング×1
天刑王 ブラック・ハイランダー×1


ジャック
「まずは元キングであるこの俺、ジャック・アトラスのデッキだ
まぁ、所々俺が使ってないカードが入ってるが気にしないで貰いたい」

「基本的な戦術としては、やはりキング足る者レッド・デーモンズを出していかなければ意味が無い!!
だが、ここの管理人はいつもデーモン・カオス・キングばかり出すぞ!!どういうことだ!!?
あのカードは、風間から一時の間借りただけなのだが、なぜ俺のデッキに入っている!?」

「話を戻そうか・・・このデッキは調子がいい時はスカーレッド・ノヴァが2体出せることもあるぞ
ついさっきデュエルをしたと時にその状況になったがな!!」

「オマケとしては、もうアニメでは全く使われなくなったセイヴァーも入ってるので
巨大化と組み合わせることで1ターンキルも狙えるぞ」

「とにかく、シンクロ召喚を狙ってやりまくって、パワーで押し切るがいい!!
逆に押し切られると負けだ!シンクロが出来ないくらい事故る事もあるだろうが、そんなときは笑っとけ!!
さて、俺の下半身のスカーレッドノヴァも暴れだしたところでな!!遊星に代わるぞ!!!」



遊星
「ああ、あとは任せろ・・ジャック」

【俺はレアだぜ!!】
[モンスター] 20枚
スピード・ウォリアー×3
ジャンク・シンクロン×3
クイック・シンクロン×3
ロード・シンクロン×1
ボルト・ヘッジホッグ×3
レベル・スティーラー×2
シンクロン・エクスプローラー×2
ワンショット・ブースター×2
クリッター×1
[魔法] 9枚
増援×1
戦士の生還×1
イージーチューニンング×2
進化する人類×3
ワン・フォー・ワン×1
光の護封剣×1
[罠] 12枚
リミッター・ブレイク×3
スキル・サクセサー×1
マジカルシルクハット×2
くず鉄のかかし×3
ウィキッド・リボーン×2
エンジェル・リフト×1
[エクストラデッキ] 15枚
ジャンク・ウォリアー×3
ニトロ・ウォリアー×2
ターボ・ウォリアー×3
ロード・ウォリアー×2
ドリル・ウォリアー×1
ジャンク・デストロイヤー×2
ライトニング・ウォリアー×1
セブン・ソード・ウォリアー×1


遊星
「俺のデッキの基本戦術もジャックと余り変わらないな・・
だが、俺のデッキには、ジャックにはない速攻性がある」

「一応このデッキはやろうと思えば、毎ターンのようにシンクロが可能だ
この速さを利用し、相手に場を整えられる前に決着をつけてしまおう」

「エクストラデッキにはあらゆるウォリアー達が用意されているが
なるべく優先的にロード・ウォリアーを出して欲しい」

「なぜ、ロード・ウォリアーなのかと言うと、コイツを早い段階で出すことにより
1ターンに1度、デッキからレベル2以下の戦士族または機械族モンスターを特殊召喚することが出来るので
途轍もないほどのアドバンテージを得ることが可能なんだ」

「所詮は出オチのジャンク・デストロイヤーや、ダイレクトアタックが出来る程度で、パッとした能力も持ってないドリル・ウォリアーなどを出すよりも、ずっと安心と程よいパワーでフィールドを制圧できるんだ」


ジャック遊星
「少し長くなってしまったがいかがだっただろうか?」
「これで皆もジャック・アトラス様に近づいてくれよ!!キングは1人この俺だ!!」



パーフェクト機械王
「それでは、また次回( ´∀`)ノシ」


ジャック遊星
「って、オマエが締めるのかよ!!」

クリックしてくれるとこのブログの悪いところが改善されます


スポンサーサイト


追記を閉じる▲
【エンターティナー・キング】
[モンスター] 23枚
ダーク・リゾネーター×2
フレア・リゾネーター×1
クリエイト・リゾネーター×2
ソード・マスター大和×1
アタック・ゲイナー×1
グローアップ・バルブ×1
救世竜 セイヴァー・ドラゴン×1
バイス・ドラゴン×1
ビッグ・ピース・ゴーレム×2
パワー・インベーダー×2
サイバー・ドラゴン×2
ツイン・ブレイカー×2
ランサー・デーモン×1
バトルフェーダー×2
ダーク・バグ×1
金華猫×1
[魔法] 7枚
巨大化×1
二重召喚×2
精神操作×1
死者蘇生×1
おらかな埋葬×1
光の護封剣×1
[罠] 11枚
プライドの咆哮×2
リバイバル・ギフト×1
破壊神の系譜×1
ハーフorストップ×1
チェンジ・デステニー×1
スクリーン・オブ。レッド×1
デーモンの雄叫び×2
闇の呪縛×1
聖なるバリア‐ミラーフォース×1
[エクストラデッキ] 9枚
レッド・デーモンズ・ドラゴン×3
セイヴァー・デモン・ドラゴン×2
スカーレッド・ノヴァ・ドラゴン×2
デーモン・カオス・キング×1
天刑王 ブラック・ハイランダー×1


ジャック
「まずは元キングであるこの俺、ジャック・アトラスのデッキだ
まぁ、所々俺が使ってないカードが入ってるが気にしないで貰いたい」

「基本的な戦術としては、やはりキング足る者レッド・デーモンズを出していかなければ意味が無い!!
だが、ここの管理人はいつもデーモン・カオス・キングばかり出すぞ!!どういうことだ!!?
あのカードは、風間から一時の間借りただけなのだが、なぜ俺のデッキに入っている!?」

「話を戻そうか・・・このデッキは調子がいい時はスカーレッド・ノヴァが2体出せることもあるぞ
ついさっきデュエルをしたと時にその状況になったがな!!」

「オマケとしては、もうアニメでは全く使われなくなったセイヴァーも入ってるので
巨大化と組み合わせることで1ターンキルも狙えるぞ」

「とにかく、シンクロ召喚を狙ってやりまくって、パワーで押し切るがいい!!
逆に押し切られると負けだ!シンクロが出来ないくらい事故る事もあるだろうが、そんなときは笑っとけ!!
さて、俺の下半身のスカーレッドノヴァも暴れだしたところでな!!遊星に代わるぞ!!!」



遊星
「ああ、あとは任せろ・・ジャック」

【俺はレアだぜ!!】
[モンスター] 20枚
スピード・ウォリアー×3
ジャンク・シンクロン×3
クイック・シンクロン×3
ロード・シンクロン×1
ボルト・ヘッジホッグ×3
レベル・スティーラー×2
シンクロン・エクスプローラー×2
ワンショット・ブースター×2
クリッター×1
[魔法] 9枚
増援×1
戦士の生還×1
イージーチューニンング×2
進化する人類×3
ワン・フォー・ワン×1
光の護封剣×1
[罠] 12枚
リミッター・ブレイク×3
スキル・サクセサー×1
マジカルシルクハット×2
くず鉄のかかし×3
ウィキッド・リボーン×2
エンジェル・リフト×1
[エクストラデッキ] 15枚
ジャンク・ウォリアー×3
ニトロ・ウォリアー×2
ターボ・ウォリアー×3
ロード・ウォリアー×2
ドリル・ウォリアー×1
ジャンク・デストロイヤー×2
ライトニング・ウォリアー×1
セブン・ソード・ウォリアー×1


遊星
「俺のデッキの基本戦術もジャックと余り変わらないな・・
だが、俺のデッキには、ジャックにはない速攻性がある」

「一応このデッキはやろうと思えば、毎ターンのようにシンクロが可能だ
この速さを利用し、相手に場を整えられる前に決着をつけてしまおう」

「エクストラデッキにはあらゆるウォリアー達が用意されているが
なるべく優先的にロード・ウォリアーを出して欲しい」

「なぜ、ロード・ウォリアーなのかと言うと、コイツを早い段階で出すことにより
1ターンに1度、デッキからレベル2以下の戦士族または機械族モンスターを特殊召喚することが出来るので
途轍もないほどのアドバンテージを得ることが可能なんだ」

「所詮は出オチのジャンク・デストロイヤーや、ダイレクトアタックが出来る程度で、パッとした能力も持ってないドリル・ウォリアーなどを出すよりも、ずっと安心と程よいパワーでフィールドを制圧できるんだ」


ジャック遊星
「少し長くなってしまったがいかがだっただろうか?」
「これで皆もジャック・アトラス様に近づいてくれよ!!キングは1人この俺だ!!」



パーフェクト機械王
「それでは、また次回( ´∀`)ノシ」


ジャック遊星
「って、オマエが締めるのかよ!!」

クリックしてくれるとこのブログの悪いところが改善されます


スポンサーサイト

【2010/09/05 23:30】 | デッキメモ
トラックバック(1) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
芸能エンタな日々 » 山ピーが“バトルロイヤルテニス”挑戦! NEWSの山下智久(25)が森永製菓「ウイダーinゼリー」の新CMで、200人のエキストラと一斉にボールを打ち合う“バトルロイヤルテニス”に挑戦。放送は10月1日から。 http://www.pheedo.j...
2010/10/03(Sun) 05:54:56 |  流れ星 竹之内豊 最新情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。